プロフィール

■明月社とは?

  • 私、山岸飛鳥が主宰する一級建築士事務所
  • 1.徹底的に木にコダワル。 2.最適の間取りを紡ぎ出す。
  • 3.綺麗な家よりも住んでいる人が綺麗になる家。 4.平和に役立つ家づくり 

■プロフィール

1961年
横浜でこの世に現れる
小学生時代(仙台)
アルセーヌ・ルパン(3世じゃない)に夢中になり、作家か怪盗になりたいと思う
中学時代(仙台→東京)
剣道と学級新聞に燃えた
高校時代(都立青山)
戦時下フランスのレジスタンスや一世代前の全共闘運動に感動し、作家か革命家になりたいと思う
大学時代(京大)
入学するだけで力尽き中退。
また、自分がエゴイストであることにようやく気が付き、革命家の夢を諦める。
病院時代(20代)
知人の病院で働かせてもらう。 何とか世の中に適応できるようになる。
大阪工大短大(30歳)
夜学で建築を勉強。 良い先生に出会った。 銭湯と美術館の複合施設の卒業設計が近畿建築学会で表彰される。 同時に表彰されたのは二十歳の女の子だったので、気恥ずかしかった。
設計事務所1
建築の基本を教えてもらう。 バブル崩壊とともに始まった建築人生は、年とともに仕事が減ってゆく。
設計事務所2
半年ほど仕事が途絶えたので事務所を移る。 が、墓地の開発のため右翼のおじさんとともに役所を廻らされたため、慌てて辞める。
工務店1
小さな工務店で、店舗デザインやリフォームを担当。昼は現場監督、夜は設計という生活は、きついけれど面白かった。
工務店2(40歳)
中規模の工務店で、設計だけでなく、リフォームや耐震診断など担当。 床下や天井裏の世界は、多くのことを教えてくれた。 怒濤の30代に比べると平和な数年間だった。
産直住宅
高知県の木材を使った産直住宅のショップが千里にできると聞き、大阪事務所長として立ち上げに参加。 こんなに働いたことはなかった。 楽しかった。 が、資金難ですぐに頓挫。 木の力を体感し、木の住まいに確信を持つことができた。
明月社(現在)
楽しくない人生は生きている意味がないと思い、なんのアテもなく設計事務所を開業。 妻娘とともに気分も財布も軽やかな毎日を送っている。

■信 条

1.楽しくないことはしたくない
2.木に教えられ、月の眼差しを感じて生きてゆきたい
3.戦争反対! 原発反対!

■趣 味

スキューバダイビング ・ きこり ・ はたけ

■連絡先

〒564-0053 大阪府吹田市江の木町9-23ユカミビル3F
TEL 06-6330-3700  FAX 06-6720-8051
E-mail info@mei-getsu.com.